武田勝頼 こだわりブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 神州天馬侠

<<   作成日時 : 2011/06/13 19:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

子供の頃見て今でも歌詞を覚えている程にワクワクしながら見たテレビ番組、その名も

神州天馬侠  (吉川英治原作)
 (主題歌http://www.youtube.com/watch?v=q-XDGN__TMg&NR=1

記憶が曖昧なのでウィキペディアから引用して、【 武田勝頼の遺子である伊那丸を主人公に、武田家滅亡で生き延びた伊那丸が忠義の七士とともに武田家再興を志し京都へ旅発ち、行く手を阻む敵と死闘を繰り広げる物語。】

今にして思えば、武田に入り込むきっかけとなった番組だったのかも。
信玄の華やかな活躍ではなく、滅亡・悲劇から入ったから、勝頼に関心を持ったのかな。

伊那なので信州天馬峡と間違って思い込んでいました。

勝頼の遺児といえばこんな伝説が。「甲斐武田を探検っ!!」サイト殿の内に
芍薬塚 武田四郎勝頼遺児墓所

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
芍薬塚・・・みんさん情報を元に
何年か前に行ったっけ。

なんか、どこかの家の庭みたいな感じで
入って良いのか戸惑ったけど。

なんだろう、なにも感じなかったな
JIN
2011/06/14 00:36
お早うございます。
勝頼公には子供は果たして合計何人いたのでしょうね?

芍薬塚の幼児は戒名は残るものの、幼名やら残ってません。
しかし、信頼すべき2つの古書(名前は忘れましたが)にこの芍薬塚の幼児の事は掲載されていて、一応信頼出来るかと思いきや、墓碑銘らしき石塔には「伝」とある。

はたしと芍薬塚の若君サは実施存在しかたど
うか?

こんな伝承が勝頼公の若君あり、果たして埼玉に若君はいたのか?
此方は名前は残ってまして話して真実は?

http://www.1059do.com/room7.htm
A
2011/06/14 05:18
jinさん
甲斐武田の為に不審者と思われるのもいとわず大胆な行動をなさっていたのですね。見習わねば!

Aさん
面白いサイト教えて頂きありがとうございます。
勝頼の子供、何人かはいたと思いますが、だれか一人でも生き永られてくれていれば・・と願うばかりです。
おすぎ
2011/06/14 19:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
神州天馬侠 武田勝頼 こだわりブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる