アクセスカウンタ

<<  2011年6月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


ちょっと脇道・・・戦国三傑自筆書状

2011/06/21 19:37
【 織田信長殿 】
画像
織田信長(一五三四〜八二)が長岡与一郎(細川忠興)に与えた自筆の感状である。天正五年(一五七七)八月、松永久秀・久通父子が信長に反旗を翻した時、その党である森秀光、海老名勝正らが大和片岡城に拠って信長に抗したが、惟任光秀、長岡藤孝らの攻撃をうけて十月一日片岡城は落城した。この時、藤孝の嫡男与一郎(一五六三〜一六四五)は、当時十五歳にして、弟の頓五郎(昌興)とともに片岡城に一番乗りの功名を立てた。このことは『信長公記』の同日条にも「両人之働無比類之旨被成御感、忝も信長公御感状被成下後代之面目也」とみえている。
 十月二日付の信長の書状は、与一郎の折紙の報告に対し、その軍功を賞したもので、本文は「おりかみ披見候、いよいよ働候事候、無油断馳走候へく候、かしく」と極めて簡潔であるが、信長の人柄を偲ばせるところがある。また、附として堀秀政副状は、信長の馬廻り衆の堀秀政(一五五三〜九〇)が、この感状が信長の自筆であることを証明したものである。
 信長の書状は「天下布武」の印を捺したものなど、あわせて千百二十二通を数えるが、それらのほとんどは右筆の手になり、信長自筆と伝えるのはわずか十数通のみである。本書状は、細川家に伝来した最も確かな信長自筆書状として注目される。 (文化庁・国指定文化財等データベースhttp://www.bunka.go.jp/bsys/
http://www.weblio.jp/content/%E7%B9%94%E7%94%B0%E4%BF%A1%E9%95%B7%E8%87%AA%E7%AD%86%E6%9B%B8%E7%8A%B6より)

【 豊臣秀吉殿 】
画像
 
(ネットより)書状の現代訳
先日は普請場まで見送ってくれて、うれしかったです。しかし、人が多くて口を思いのままに吸う(キスする)ことが出来なかったのが、今も心残りで忘れられません。まんかか(秀吉の正室の北政所)へも、伝言を確かに届けました。近々、そちらへ行って、口を吸いますよ。「大いとこ」(台所か)の表には絶対に出てはいけません。馬を見たければ、そちらへ引き寄せてご覧なさい。(中略)
そなたのことが何でも見える鏡があって、見えていますよ。おかか(秀吉の側室の淀君)に口を吸われてはいけません。油断なさいますな。
9月26日
おひろい(秀頼の幼名)様へ
                  とと(秀吉)より
(後略)

【 徳川家康殿 】
画像
慶長十二年(一六〇七)三月十一日、駿府の家康から二代将軍秀忠に宛てた自筆書状である。松平忠吉(家康第四子、尾張清洲城主)の家老、小笠原和泉守吉次犬山から移封するに当たり、その実施方法を尋ねてきた秀忠に対し、家康が与えた返書である。二年前の慶長十年にすでに家康は将軍職を秀忠に譲ってはいるものの、実際には依然として家臣移封といった幕府政治の実権を掌握し続けていたと知られる。幕府揺籃期における家康の大御所政治の実体を示す、好個の資料である。
(文化遺産オンラインhttp://bunka.nii.ac.jp/SearchDetail.do?heritageId=52435より)
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


買いたいけど高い

2011/06/18 21:04
今日書店で目に止まった本。
画像
(三浦一郎 著 宮帯出版  信玄・勝頼と家臣の甲冑・武具を徹底調査。
新庄藩伝来伝「諏方法性の兜」や勝頼と同型の諏方頼忠所用紅糸威胴丸、また古文書「穴山信君(梅雪)具足注文状」ほか、富士山本宮浅間大社の重宝を中心に未公開カラー写真を多数収録。
『甦る武田軍団―その武具と軍装』に新たに口絵を20頁加えた改訂普及版! )
3990円かー・・・購入保留。

なお、表紙写真の甲冑は、(以下ネットより引用)
武田勝頼所用で、冨士山本宮浅間大社(静岡県富士宮市)にあるが、残念なことに終戦後に兜が盗難に遭い、所蔵者が別々になってしまっている。
 兜は富士山形の前立を配した紅糸威鉄錆地六十二間小星兜(東京都西光寺所蔵)で、鉢裏には「上州住康重作」「元亀三年壬申二月 日」の作銘がある。[革毎]は鉄板札の大振の饅頭[革毎]であり、吹返には梵字の据文(片方欠損)が打たれ、兜の正面には並角本が付けられている。
 鎧は紅糸威最上胴丸で、十一間六段下がり草摺である。金具廻りは梨子地塗で桐紋の金蒔絵を施し、唐花菱紋の八双鋲を用いる。総鉄製で大柄な胴であるため、かなりの重量がある。
 同社には、朱札紅糸威胴丸(広袖付)の残欠が伝わっている。由来等は明らかでないが、武田氏所縁の武将が奉納したことに間違いない大変貴重な物である。同社の宝物は、刀剣を含めた武田氏関連の武具甲冑の宝庫であり、今後も大切に伝えて行かねばならぬものばかりである。
      
余談ですが、こちらでhttp://www.tobunken.go.jp/japanese/image-gallery/nagoya/index.html消失した名古屋城本丸御殿の障壁画が見られます。貴重な写真群です。

もう一つ、明日のJINでまさにその場面・・・って外で切られた事にしたの? 坂本龍馬が暗殺された時、床の間に掛けられていた掛け軸。龍馬か中岡 どちらかの血痕が見られる。(重要文化財)http://www.emuseum.jp/detail/101153/000/000?mode=detail&d_lang=ja&s_lang=ja&class=11&title=&c_e=&region=&era=&century=&cptype=&owner=&pos=1&num=6

記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


図画工作

2011/06/18 13:40
昨日の小見氏書状をA4に印刷して、実際に折り紙してみた。

現物は倍くらいの大きさと思われます。

印刷した紙を
画像
山折にして
画像
次に横へ折る
画像
更に横折
画像
もう一回横に折って
画像
こんなん出来ましたけどー。
画像
(汚い指が写っている・・。
親指の爪に縦線が!こりゃ悪い病気かもしれない。)

やはり指の当たる個所は摩耗が多くなってしまうのでしょう。非常に残念ながら差出人の署名が消えて、小見氏の名前を知る事が出来ない。


記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4


小見氏書状

2011/06/16 22:01
先日も取り上げた勝頼の祖母、小見氏の手紙(天正6年)は「原色武田遺宝集」に写真と解説が載っています。
画像
その手紙に解読された文字を乗せてみました。
画像

 
にらめっこしながら似た文字を探しましたが間違っているかも知れません。
400年以上前の文字と重ね合わせられる喜び。日本語、ひらがな万歳!日本人に生まれてよかったなー。

それにしても解読された先生方は凄い。

【折紙】(八つ折)
画像

画像
紙を中央で横折りし、折り目を下にして文章を書いたものが「折紙」と呼ばれているもので、用件がいろいろあって上半面に書ききれない文章は、折り目を下にしたまま裏返して続きを書くという形になります。
従ってこれを拡げてみると、上半分は右から左に文章の列が続くものの、折り目の下半分の文章は上下左右が逆になります。(図と文はネットより)

読み順が分からないと字を当てるだけでは読めないんだー!  勉強になった。

というわけで上面右の赤文字を左へ順に読み進み上下逆にして赤文字を左方向へ読み、再度ひっくり返して黄色文字を左へ読んで行けば・・・あれ? 「いつかたより申涼むる物候はどこに行っちゃったの?? 多分これだろう、と思う所(上面左)に入れておいたけど・・・。
もう、目が回って頭がクラクラだ。

【はんこ】
上掲の写真、上側は「原色武田遺宝集」で下側は山梨県史からですが、下の方が写りが良くて小見おばあさんの印判が微かに見える。もし「麻績」であるなら、こんな感じ
画像
になるはずだが、どう見ても違う。編だけしか見えないけれど「青」みたいな字だと思う。


記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


昔の写真

2011/06/14 20:48
国土地理院が過去の空中写真をデジタル化して公開しています。
http://archive.gsi.go.jp/airphoto/index.html

よく見る昭和23年の新府城付近や同年の甲府の大泉寺付近など全国各地が見られます。
新府城は木が伐採されていて遺構が分かるし、甲府の方は先日辿った武田時代の道、大泉寺小路が中学校で分断される前の状態が確認できました。
画像
右は現在の同位置で、田畑ばかりだったのが嘘みたいです。
画像


こちらは甲府の昔の写真絵葉(甲州文庫資料・甲府名所で検索)
hhttp://www.lib.pref.yamanashi.jp/kosyu/search/ 
画像

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3


神州天馬侠

2011/06/13 19:42
子供の頃見て今でも歌詞を覚えている程にワクワクしながら見たテレビ番組、その名も

神州天馬侠  (吉川英治原作)
 (主題歌http://www.youtube.com/watch?v=q-XDGN__TMg&NR=1

記憶が曖昧なのでウィキペディアから引用して、【 武田勝頼の遺子である伊那丸を主人公に、武田家滅亡で生き延びた伊那丸が忠義の七士とともに武田家再興を志し京都へ旅発ち、行く手を阻む敵と死闘を繰り広げる物語。】

今にして思えば、武田に入り込むきっかけとなった番組だったのかも。
信玄の華やかな活躍ではなく、滅亡・悲劇から入ったから、勝頼に関心を持ったのかな。

伊那なので信州天馬峡と間違って思い込んでいました。

勝頼の遺児といえばこんな伝説が。「甲斐武田を探検っ!!」サイト殿の内に
芍薬塚 武田四郎勝頼遺児墓所
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3


百足衆

2011/06/12 10:29
百足衆って単に伝令役とばかり思っていたけど(テレビ、映画の見過ぎ・・)
重要な使番や、金山衆(工作部隊)もそう呼ばれたんだ。

ヤフー知恵袋でどなたかが回答していました。
-----------------------------------------------
【 武田の百足衆の十二人
使番十二人衆とも呼ばれ下記の人物になります。
山県昌景
高坂昌信
初鹿野昌次
今井信俊
小宮山友晴
阿部勝宝
真田昌輝
小幡光盛
小山田行村
金丸虎義
工藤市兵衛
三枝昌吉
百足衆は信玄の側近から選ばれた豪のものの使番衆で、百足の素早い動きとその猛々しさを表した百足の旗指物をさしていたために百足衆と呼ばれました。

金掘り部隊も百足衆といいますが別のものです。
こちらは、金掘り人足を集めた部隊で、主に攻城戦の際にトンネルを掘り、城中に入るためや、井戸の水を干上がらせたりする現代で言う工兵です。 】
------------------------------------------------
勝頼の事調べていると関連した色々な事が勉強になって嬉しい。

十二人衆の一人、初鹿野昌吉所有の百足旗指物が残っているそうだ。
画像
信玄に報告する初鹿野伝右衛門。
画像
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


甲州法度之次第

2011/06/11 15:57
東京大学図書館の電子化コレクションに甲州法度次第が公開されている。

右下の紫○印で翻刻漢字が透過ビューされて、面白い。

http://rarebook.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/koshu/lime/index.html
画像

天正8年2月に書かれた物で押されている龍の朱印は弘治3年(1557)以降に用いられた新型。
ちなみに朱印旧型は
画像
髭の形と角の角度、口の下部の余白などが違う。

こちらが新型の分かりやすいもの。
画像
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


何処へ

2011/06/11 11:23
武田滅亡の一月後、笛吹市一宮町の慈眼寺の尊長が勝頼の遺品を高野山に収めた時の目録です。(早稲田大学図書館)
画像
最初の「勝頼公・御台所・御曹司寿像」はいつもの3人揃った画像です。
画像
このことから、肖像画が生前に描かれたものである事が分かります。
2番目以降に書かれているものも垂涎の的というか、すごい品々ばかりですが、黄金10両はともかく、それらは現存しているのだろうか?
残っていれば今に至るまでの各種書籍等で紹介されているはずだから、ないのかなー。
高野山が秘蔵している?
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


出土

2011/06/11 07:56
よく引用されている、明治36年発行の「甲斐繁昌記」(近代デジタルライブラリーで新府城検索)にある新府城の焼き米の記事。

その米が当時の物かどうかは不明ですが、勝頼好きとしては、こういう感情の込もった文章好きです。
旧仮名使いで読みにくいので、勝頼夫人願文で培った知識で(笑) 赤文字入れました。お米の一粒一粒と、涙の一粒をかけているところも最高!
画像

こちらは新府城から出土したイネを名古屋大学で分析した報告書で、新府落城時のものと推定された。
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


武田勝頼検定

2011/06/10 23:18
ヤフーの武田勝頼検定http://minna.cert.yahoo.co.jp/cfhsw/521817

問題固定の5問だけなので物足りない。

と言いつつ1問間違えた・・・

こちらの勝頼検定http://www.kentei-do.com/test/details/860は面白そうだが会員登録をしないと出来ない。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


昨日の続き。円成寺 (円城寺)

2011/06/09 19:28
昔買った甲州道中分間延絵図でもチェックしてみたら、円城寺という名前で記入されていた。
甲府柳町部分
画像
円城寺付近拡大図 (クリックで拡大)
画像
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


古今

2011/06/08 19:57
はなはだ勝手ながら、「甲斐武田を探検っ!」殿に連動させて頂きます。

山梨県立博物館収蔵資料http://www.museum.pref.yamanashi.jp/3nd_syuzousiryo_zoom.htmの甲府絵図と現在の比較をしてみると、今は無き円成寺は○イタマンション付近にあったことが分かる。
画像


管理人様の探究心と行動力にはいつもながら頭が下がる。

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


不幸な道

2011/06/07 19:01
平成12年1月発行の この本には、武田にとって不幸な道が3本も取り上げられている。
画像
信玄西上の道
画像
どこが不幸かって、私が考えるにこの軍事行動は京へ上ることが目的なんかじゃなくて、愛息の勝頼そして武田家の将来の為に、いずれ必ず禍いとなるであろう信長を打倒することにあったと思う。しかし病魔に倒れて信長の恨みだけを残す結果となってしまった。
このUターンの道筋が武田家不幸の始まり。

松姫・勝頼敗走の道
画像
辛い道だなー。1ヵ月早く動いた松姫は何とか落ち延びられたのだから、もし勝頼が夫人も松姫に同行させていれば小田原へ帰れたんだろうけれど、そんな事夫人が承知するはずないよね。
かたや勝頼主従について本文中で坂本徳一先生が、「新府〜田野の9日間をどこでどうしていたのか謎だとし、仮説では昇仙峡奥の金桜神社に身を隠して織田軍が通過するまで数日間、御岳の御師団に守られて潜んでいたのではという説がある」と紹介されている。

甲州征伐凱旋の道
画像
何も言いたくない道。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5


勝頼の祖母

2011/06/05 14:35
勝頼のお祖父ちゃんは諏訪頼重で、お祖母ちゃんは小見氏といわれています。

【早くに死去した諏訪御料人に比べ、その母の小見氏は長生きしたようである。

高遠城主になっていた孫の武田勝頼に引き取られ、御大方様(祖母)と呼ばれ、共に高遠城で暮らしていたらしい。

天正10年(1582年)の3月3日、勝頼達と新府城から脱出した後、3月11日に切腹した勝頼一行の中に名前が見られないため、逃げている途中に彼らとはぐれてしまったのではないかと考えられている。 】
 goo Wikipedia から引用。

勝頼の母、諏訪御寮人が1530年頃の生まれとして、その時 小見氏が20歳とすると天正10年時には72歳と云う事になります。

勝頼は母亡き後、唯一とも言える近しい親族である祖母を大事にした事と思われます。

「トイレの神様」ヒット以降お婆ちゃんを大事にする孫が増えたとか・・・。

新府城を出発した時の事を「信長公記」は 【 勝頼の御前・同側室の高畠のおあい・勝頼の伯母大方・信玄末子の娘・信虎の京上臈、その他一門・親類の上臈や付き付きの者たち二百余人の逃避行・・ 】 と記していて

お祖母ちゃんも一緒だったのですね。

その小見氏の自筆文書が現存しています。(これは奇跡に近い)
画像
                    (池上家文書)
解説によると、その中に「御さうしさま」(御曹司様)と書かれていて、これは信勝の事で、ひ孫にも優しいお婆ちゃんであります。

その小見氏ゆかりの長野県朝日村の古川寺文書に勝頼書状があって、その筆跡は先日の「勝頼自筆か?そうであってほしいなー・・」書状と同一と思われます。(署名参考)
画像
祖母の事に関しての手紙だとしたら愛情たっぷりの勝頼は自分で書いたかなー なんて妄想。




記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 15


横道

2011/06/04 12:07
今日はちょっと勝頼公を離れて、家の近くにあるミニ史跡を。

何と言っても外せないのが、家から徒歩1分、三船敏郎さんが立っていた所。
映画「用心棒」より。 喧嘩をしているのは夏木陽介さん。
画像

これまた家から徒歩3分の辺りにある、先の大戦時の防空壕。一昨日のテレビは戦国時代のシェルターでしたが、こちらは近代のシェルターですね。丘陵下に10本ほど掘られていて、私が子供の頃は中に入れて、ゴミ捨て場と蝙蝠の巣状態でした、今では鉄格子やコンクリートで塞がれています。
新府城のある七里ヶ岩にも防空壕が残っていてそちらは見学も出来たりして有名です。
画像

もう一つは家から車で3分の峰観音。石段の古さは只者ではない。
画像



記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5


景徳院

2011/06/02 21:15
画像
画像
画像
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


影写本 【貴殿はその差を感じ取れるだろうか】 私は老眼だから無理・・・。

2011/06/01 20:42
東京大学史料編纂所の日本古文書ユニオンカタログに収録されている勝頼の書状は521点。
大半は影写本で、ネット上でその画像を見る事が出来る書状は原本所蔵者の許可が得られたごく僅かでしかありません。 
一昨日の書状は幸いイメージが公開されていたので勝頼自筆か?などと書けました。

当初、影写本がどういうものなのか知らなかったので検索してみたら、ちょうど史料編纂所の方の解説がありました。http://www.nii.ac.jp/CNEWS/N45/17-18.html

写しとはいえ、その精緻さは驚きです。

では、次の書状の原本(上)と影写本判(下)、貴殿はその差を感じ取れるでしょうか。(クリック拡大)
画像
私は老眼だからやっぱり無理

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


<<  2011年6月のブログ記事  >> 

トップへ

武田勝頼 こだわりブログ 2011年6月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる